So-net無料ブログ作成

ガーナの森林性サイチョウは野放しの狩猟と生息地劣化により減少している [原著]

Holbrech et al. (2018) Uncontrolled hunting and habitat degradation decimate and extirpate forest hornbills in Ghana, West Africa. Biological Conservation 223:104-111.

先日、Corlettさんのセミナーに参加した時に読んでいないことに気が付いた論文。西アフリカのガーナに生息するサイチョウ類9種(大型4種の主な食性は果実食、中型3種は雑食、小型2種は昆虫食)を対象として、1990年から2014年にかけて人間活動がサイチョウ類の個体数の長期変動に与えた影響を評価している。具体的には、過去と現在の森林性サイチョウ類の個体数の比較、個体群動態の傾向、推奨する保全措置などをあげている

調査地はガーナ南西部にある森林の利用履歴の異なる保護区。1990年から2014年の間に独立に行われた7回の調査データ(4か所の野生生物保護区と22か所の森林保護区)を組み合わせて解析している。調査時期によって鳥類群集の調査手法がトランセクト法、ポイントカウント法、プレイバック法などさまざまな手法が用いられているが(著者らのメインデータは2009年のプレイバック法)、ターゲットを比較的、確認しやすいサイチョウ類に限定していることで、比較可能にしているのだろう。

2009年のプレイバック法では、9種中7種しか記録できておらず、各調査地で2-6種が記録されている。大型の森林性サイチョウ類は一部の調査地でしか記録されておらず、そこでは他の調査地よりもプレイバックへの反応も多い。長期的には、ほとんどの種で減少傾向が見られ、元の4割から9割程度に減少している。減少傾向が見られなかった2種(モモグロサイチョウとシラガサイチョウ)のうち、モモグロサイチョウはもともと低密度。結果として、現在もふつうに見られるのはシロクロコサイチョウのみ。先行研究でも大型種の急激な減少が指摘されており同じ傾向。

大型種の減少は森林伐採が低度やない場所で生じており、森林伐採にさらされていても狩猟から守られている場所では見られないことから、狩猟が原因と考えられる。狩猟が広がっている場所では、1990年代の初めには大型種が絶滅している。まあ、サイチョウ類はかなり食性幅も広いし、移動能力も高い。さらに寿命も長いので、狩猟されなければ、ある程度、森林伐採があってもやっては行けることを反映しているのではなかろうか。
コメント(0) 

タンザニアのギンガオサイチョウの繁殖期の食性 [原著]

Cordeiro et al. (2016) Diet of the Silvery-cheeked Hornbill Bycanites brevis during the breeding season in the East Usambara Mountains, Tanzania. Orstrich 87:67-72.

タンザニアの山地林で鳥類による種子散布を研究していたCordeiroさんがギンガオサイチョウの繁殖期に14か所の営巣木を対象として食性を調べた研究。面白いのは、1940年代に論文として出されている内容と比較している点。アジアのサイチョウ類と比べるとアフリカの森林性サイチョウ類の繁殖期の食性情報は非常に少なく、ウガンダのKibale、とカメルーンのDjaで行われた研究くらいしかない。

調査地はタンザニアのAmani自然保護区で標高850-1000mくらいの山地林。2001年に14か所のギンガオサイチョウの営巣木の下に1x1mの種子トラップを高さ1mに設置して、巣から落とされるものを回収している。0.5cmより大きな種子は計数しているが、イチジクは果肉片を計数しているので、あまり正確ではない。

14か所の営巣木は8樹種14個体(Maranthes goetzeniana、Allanblackia stuhlmannii、Celtis midbraedii、Drypetes gerrardii、Anisophylle obtuisifolia、Parinari excelsa、Anthocleista grandiflora、Newtonia buchananii)。ウガンダ調査したことで、Parinari excelsaとかはイメージできるようになった。14か所で計5182個の回収物を得て、大部分は種子・果実で4861個。残りは脊椎動物が15個、無脊椎動物306個という構成。イチジク3種を含む果実・種子17種の大部分は、Maesopsis eminiiで93%を占めている。なんとここにもFicus altissimaがあるらしい。

1930年代に同じ地域で行われた研究でもMaesopsis eminiiは利用されているが、ここまで多くはなかった様子。75年前と比べると10-12週も繁殖時期が早くなっている理由として、Maesopsis eminiiの植林が増え、その大量の果実を利用することができるようになった可能性を指摘している。
コメント(0) 

インドネシアの北マルク州におけるタイハクオウムの繁殖期とパプアシワコブサイチョウとの巣穴をめぐる競合関係 [原著]

Rosyadi et al. (2018) Breeding season of the endangered white (Umbrella) cockatoo, and possible competition for nest holes with Blyth’s (Papuan) hornbill in North Maluku, Indonesia. Kukila 21:35-42

タイハクオウムの繁殖時に営巣に使う樹洞をめぐるパプアシワコブサイチョウとの競合関係を観察した研究。タイハクオウムはペット需要が高く、かつては大量に捕獲されていたが、野外の繁殖生態の詳細はほとんど知られていない。繁殖に樹洞を利用するため、他の鳥類と競合関係にあることが予想される。本研究では、特に同じ地域に生息する唯一のサイチョウ類であるパプアシワコブサイチョウとの競合関係について、5つの営巣木での観察から考察している。

2014年2月から11月にインドネシアの北マルク州で観察を行っている。前半はタイハクオウムの営巣木を観察して、そこにパプアシワコブサイチョウがやってきたときの様子を詳細に記録している。3つのうち1つでは、タイハクオウムが繁殖をやめている(ただし、パプアシワコブサイチョウの訪問が理由かは不明)。後半は2014年1月または過去にタイハクオウムが営巣した木で、パプワシワコブサイチョウが営巣した木を観察している。1か所では、タイハクオウムが樹洞の様子を見に来て、もう1か所では、ねぐらとしてパプワシワコブサイチョウが営巣中の木を使っていた。観察した5か所の営巣木すべてで両種が確認されている。

大型のオウムとサイチョウ類の分布域が重複している場所はフィリピンを除くとインドネシアとパプアニューギニアの一部に限定されているが、それらの場所では樹洞をめぐる競合はかなり頻繁に生じているのだろう。本研究では同じ営巣木でタイハクオウムが年の前半、パプアシワコブサイチョウが後半に繁殖することが起きるらしい。ただ、体サイズはパプアシワコブサイチョウ>タイハクオウムなので、基本、タイハクオウム側がパプアシワコブサイチョウに邪魔されないような時期に繁殖しているのかもしれない。
コメント(0) 

アジアの森林性サイチョウ類はどのくらいの距離を種子散布するのか? [原著]

Naniwadekar et al. (2019) How far do Asian forest hornbills disperse seeds? Acta Oecologica 101:103482

東南アジアを代表する大型のサイチョウ類であるオオサイチョウとシワコブサイチョウの2種を対象として、結実木への訪問パターン、GPSによる個体追跡データ、種子の体内滞留時間を組み合わせて、種子散布距離を推定した研究。サンプル数はオオサイチョウ5羽、シワコブサイチョウ1羽で少ないものの、GPSテレメトリーを利用して、15分間隔の移動データを得ている。個体追跡データは1日30点以上のデータが得られたもののみを解析に利用している。追跡データはmovebankに登録されている。種子の体内滞留時間は2017年のクチンのサイチョウ学会で発表されており、特集号としてSarawak Museum Journalに掲載予定。元データはDRYADですでに公開されている。オオサイチョウとシワコブサイチョウの種子の体内滞留時間に差がないことを前提に両種をまとめて5種の果実(Aglaia spectabilis, Beilschmiedia assamica, Livistona jenkinsiana, Polyalthia simiarum, Syzygium cumini)について解析している。

これらのデータから、オオサイチョウの繁殖雄が営巣木の周辺とそれ以外の場所に種子を散布する割合、オオサイチョウの繁殖期と非繁殖期における種子散布距離の個体差、繁殖期のオオサイチョウとシワコブサイチョウの種子散布距離の種間差、の3点に注目した解析を行っている。まず結実木への訪問パターンは、繁殖期、非繁殖期ともに一日を通して、訪問が見られるが、時間帯はばらつきがあり早朝に多い。ただし、繁殖期と非繁殖期のパターンは変わらないので、早朝に高い活動性が見られるのは年間を通して同じ。まあ、起きたら朝ごはんなんだろうな。

GPSの位置データは、19-80日の追跡で、位置情報が1118から4707点。さすがに点数が多い。繁殖期のオオサイチョウの種子散布距離の中央値は294m、非繁殖期が254mでほとんど変わらないが、繁殖期のシワコブサイチョウは1,354mでかなり長い。最大値は繁殖期のオオサイチョウで2,502m、非繁殖期が12,860m、繁殖期のシワコブサイチョウが10,828m。繁殖期のオオサイチョウとシワコブサイチョウの違いはイチジクへの依存度だろうか。繁殖期に営巣木の近くで記録されたオオサイチョウは7.4%、シワコブサイチョウは1.7%で、ほとんどの種子はそれ以外の場所に散布されたと推定している。

GPSで追跡できている個体数は少ないものの、サイチョウ類の種子散布にも個体差がかなりありそうなデータを提示している貴重な研究。
コメント(0) 

ボルネオ熱帯雨林の半着生イチジクの更新が少ない理由の一つは林冠での指向性散布が限定されているから [原著]

Nakabahashi et al. (2019) Limited directed seed dispersal in the canopy as one of the determinants of the low hemi-epiphytic figs’ recruitments in Bornean rainforests. PLoS ONE 14(6): e0217590.

ボルネオの熱帯雨林において、半着生イチジクはさまざまな果実食動物によって利用されるため、潜在的には多種多様な種子散布者がいる。しかし、半着生イチジクの個体数密度はどこでも低密度であることから、発芽もしくは定着に適当な場所に散布されていない可能性が高い。本研究では、それらの種子散布者として、ボルネオを代表する大型の果実食動物で、イチジクへの依存性が高いビントロング、ミュラーテナガザル、オナガサイチョウに注目し、それぞれの種子散布者としての有効性を量と質の両面から検討している。

量的な有効性は、結実木での直接観察により、一日あたりの果実消費量から評価している。果実消費量の推定には、訪問あたりの滞在時間を採食速度(5個以上連続で食べたときの値)で割った値に平均種子数をかけた値を利用している。質的な有効性は、体内通過した種子の発芽実験と排泄場所の環境条件から検討している。ビントロングとオナガサイチョウは糞から回収した種子と果実から採集した種子で発芽率を比較している。ミュラーテナガザルはインドネシアの先行研究の値を利用している。また、散布者を個体追跡して、散布先を特定し、種子の運命を追跡したが、すべて死亡したか、アクセスできなくなったため、先行研究の実生の生存率を類似した環境条件に置き換えた数値を利用している。

種子散布距離はビントロングとミュラーテナガザルは追跡データから1時間あたりの移動距離を算出し、体内滞留時間を組み合わせて推定している。オナガサイチョウはピライさんたちがカオヤイで収集したオオサイチョウの1時間あたりの移動距離のデータを論文から読み取り、さらにクタイでサイチョウ類の研究をしていたLeighton (1982)からペットとして飼育されていたアカコブサイチョウの体内滞留時間を利用している。サイズ的にはオナガサイチョウよりは一回り小さいが、それほど変わらんだろう。ただ、Supporting informationの体内滞留時間の最大値と最小値が逆になっているので注意。

散布先の環境情報を半着生イチジクの稚樹が見られる環境条件と比較してNMDSで解析した図2が素晴らしくって、ビントロングの散布先と稚樹の条件がほぼ一致していて、ミュラーテナガザルとかオナガサイチョウとは明確に異なる傾向を示している。どの散布者も発芽能力のある種子を散布しており、種子食外とかはなさそう。種子散布距離で比べるとビントロングが一番短く、オナガサイチョウが一番長いけど、SDE landscapeで見るとビントロングが量的にも質的にも有効で、オナガサイチョウは量的には少ないが、散布場所によっては質的に高い場合も見られる。残念なことに図3と図4はキャプションや本文中の引用は正しいけど、肝心の図が入れ替わってしまっている。図3はSDE landscapeを提示したもの、図4が種子散布距離を推定したものが正しい。

自分のデータに先行研究の様々なデータを組み合わせて、一般的には有効な種子散布者であるとされるテナガザル類やサイチョウ類ではなく、ビントロングが半着生イチジクにとって数少ない有効な種子散布者であることを示した研究。
コメント(0) 

大型の果実食動物が重要:ネットワークと種子散布者の有効性に基づいた洞察 [原著]

Naniwadekar et al. (2019) Large frugivores matter: Insights from network and seed dispersal effectiveness approaches. Journal of Animal Ecology 88: 1250-1262.

インド北東部でサイチョウ類の種子散布の研究を続けているグループからの総まとめ的な論文で、さまざまな果実形質を持つ植物とそれらを利用する果実食鳥類の関係をネットワーク分析と結実木での果実消費行動に基づき有効性を検討した研究。

調査地はアルナチャールプラデッシュのPakke Tiger Reserveで、2015年4月から6月は大型種子をもつ5種(Polyalthia simiarum, Dysoxylum gotadhora, Aglaia spectabilis, Chisocheton cumingianus Horsfieldia kingii)を対象として66回の観察を行っている。2016年10月から2018年2月にかけては、上記の5種を含む46種を対象にして、269回の観察を行っている。21科46種の鳥散布植物184個体を対象とした、のべ335回2065時間11分の観察に基づく大規模データ。

果実形質は、果実サイズは30個の熟した果実を測定したものと、データベースから情報を得ており、Sが5mm未満、Mが5-15mm、Lが15mmより大きいものとしている。果実食鳥類の口幅サイズはイギリスとボンベイの博物館標本を利用している。果実食鳥類のサイズ区分は、先行研究のVidal (2013)にしたがい、0.1kgより重たいものをLargeとしている。ゴシキドリ類(1.97–2.77 cm)、ヒヨドリ類(0.88–1.37 cm)、アオバト類(1.09–1.41 cm)、ミカドバト類(1.83–1.84 cm)、サイチョウ類(4.29–5.73 cm)の口幅サイズも掲載されている。ミカドバトが少し小さすぎる気がするけどな…。観察データが多いAglaia spectabilis, Chisocheton cumingianus, Dysoxylum gotadhora, Polyalthia simiarumの4種については、x軸に訪問頻度と滞在あたりの持ち去り果実数、y軸に呑み込んだ果実の割合を使って、SDE landscapeを作成している。

48種14,756個体の訪問を記録して、43種の植物との間に432の相互作用を記録している。果実食鳥類がまったく記録されたなかったのがクスノキ科3種(Litsea sp. 1, Actinodaphne obovata, Beilschmiedia assamica)、一方、記録種数が多いのは、着生イチジク3種(Ficus drupacea 25種, F. geniculata 24種、F. altissima 20種)。サイチョウ類は3種で12種が利用されほぼ同じパターン(オオサイチョウ11種、シワコブサイチョウ12種、キタカササギサイチョウ11種)。果実食鳥類のグループごとに示された利用する果実サイズと果実の丸のみ率の散布図は明確に口幅制限を示している。サイチョウ類を除いて、果実サイズが大きくなると呑み込み率が低下する。SDE landscapeはサイチョウ類はほとんど丸呑みするので、質の要素はいずれも高いが、量の要素はサイズ依存で、オオサイチョウ>シワコブサイチョウ>キタカササギサイチョウというデータになっている。これ、同じ解析してみようかな。

果実食哺乳類は含まれていないけど、大小さまざまな鳥類と果実を群集レベルで観察したデータにもとづいた貴重な研究。カオヤイでもこのくらいの精度で観察データを収集してみたかった。
コメント(0) 

中国雲南省のRhododendron floccigerumの送粉生態 [原著]

Georgian et al. (2015) The pollination ecology of Rhododendron floccigerum Franchet (Ericaceae) in Weixi, Yunnan province, China. Journal of Pollination Ecology 16:72-81.

中国南部の標高2300~4000mに分布するRhododendron floccigerumの送粉生態を調べた研究。ツツジ属の中でも送粉生態がよく調べられているグループはマルハナバチやミツバチなどのハナバチ類に花粉媒介されているが、それら以外のグループの送粉者はよく知られていないため、まず訪花者、潜在的な送粉者、盗蜜者を明らかにしている。次に幅広い標高帯で分布する種であるため、3つの標高帯によって送粉者が異なる可能性を検討している。

まず朝に24.5時間の直接観察を行い、訪花者を観察している。さらにインターバル撮影とセンサー付き自動撮影カメラを利用した調査を行っている。植物側では、花形質の測定と盗蜜の有無を確認している。さらに標本を利用して訪花者の哺乳類と鳥類の外部形態の測定を行っている。

13種の動物(ハナバチ:Apis sp.とBombus sp.、哺乳類:オーストンカオナガリスDremomys pernyiとスウィンホーホオジロシマリスTamiops swinhoei、鳥類:Aethopyga gouldia、Brachtpteryx montana、Garrulax affinis、Heterophasia melanoleuca、Minla ignotincta、Minla strigula、Paris major、Phylloscopus affinis、Yuhina diademata)による訪花が確認された。センサー付き自動撮影カメラでは、Apis sp.以外をすべて記録しているので、効率よく調査できていた。残念ながら動画から切り出した写真なのか、あまり解像度はよくはない。

ハナバチ類は193回の訪花のうち、173回はApis sp.、鳥類9種は145回の訪花のうち、72回がPhylloscopus affinisで、残りの25回は2種の哺乳類。標高が低い場所では、ほとんど訪花が見られず、真ん中では鳥類と哺乳類、高い場所では、鳥類による訪花が見られている。センサー付き自動撮影カメラでは夜間の訪問は記録されていない。開花前に26%の花では盗蜜の形跡があり、開花終了時期には、50%の花で盗蜜の形跡が見られている。

排除実験などは行っていないが、直接観察、インターバル撮影、自動撮影カメラを組み合わせて、潜在的な送粉者相を明らかにしている研究。最初はこういったかたちで何が来ているのかを確認してからだよな。

コメント(0) 

中国南部の固有樹種Firmiana kwangsiensisの主な送粉者はタイヨウチョウ [原著]

Huang et al. (2018) Sunbirds serve as major pollinators for various populations of Firmiana kwangsiensis, a tree endemic to South China. Journal of Systematics and Evolution 56:243–249.

アオイ科(昔のアオギリ科)の花はいかにも鳥媒花という形のものがあるけど、その中でも中国南部の石灰岩地の固有種Firmiana kwangsiensisを対象とした研究。保全のために移植した場所1カ所と自然個体群3か所を調査対象として、訪花者を比較している。具体的には、自家和合性や自動自家受粉ができるのか、花粉制限があるのか、原産地と移植地で送粉者は異なるのか、について検討している。

調査地は中国南部の広西チワン族自治区。花形質については、自然個体群から計90花を2時間おきに観察している。花蜜は袋がけした花から2時間おきに採集して、簡易糖度計で糖度を測定している。訪花者の観察は個体群あたり、30分の観察を最低10回、計55時間行っている。樹高30mくらいになるはずだけど、どうやって観察したんかいな?双眼鏡で直接観察だろうか?夜間も一応、確認しており、20-22時で数時間見て、何も来なかったとしている。自家和合性や自動自家受粉の検討には袋がけ、自家花粉、他家花粉の3処理を比較している。さらに送粉者の排除実験として、完全排除、鳥類排除、コントロールで結果率と結実率を比較している。

個花の開花期間は3日間で、糖度は9%くらい。訪花者は野生個体群では、キバラタイヨウチョウ、移植個体群では、エンビタイヨウチョウ。野生個体群では、ミツバチ(Apis mellifera)、アシナガバチ(Polistes okinawensis)、チョウ(Papilio protenor、Hebomoia glaucippe、Troides aeacus)なども来ているが、いずれの調査地でもタイヨウチョウの訪問頻度が最も高い。コントロールや他家受粉は、自家受粉、すべて排除、鳥類排除などよりも結果率や結実率が高いだけではなく、花粉制限もなさそうで、基本的には鳥類による他個体からの花粉媒介が必要な繁殖システム。

カオヤイでは見たことないけど、タイ北部にも同じ属は分布していて、鳥媒花っぽい雰囲気だった。
コメント(0) 

ツツジ属におけるスズメ目の鳥類による花粉媒介の証拠 [原著]

ツツジ属におけるスズメ目の鳥類による花粉媒介の証拠
Huang et al. (2017) Evidence for passerine bird pollination in Rhododendron species. AoB PLANTS 9:plx062.

昆虫の活動が限定される低気温の場合、鳥類が重要な送粉者になることが考えられる。本研究では、中国南西部の東ヒマラヤにおいて、ツツジ属15種を対象とした訪花者の確認と排除実験(鳥類のみ排除、鳥類と昆虫の両方を排除)から、有効な送粉者を検討している。具体的には、ツツジ属に鳥類が訪問しているのか、それらは送粉者として機能しているのか、ツツジ属の花サイズと鳥類の訪花には関連があるのかを検討している。

調査地は雲南省のCangshan National Nature ReserveとLaojunshan Nature Reserveの2か所で、標高は1800~4200m。そこに分布するツツジ属のうち、排除実験などを行うことができるだけの十分な花数・個体数がある15種(木7種と灌木8種)を対象としている。訪花者の確認のため、各種少なくとも30分の観察を10回行っている。観察時間は8時から18時の間で、5-10m離れた距離から双眼鏡で3個体60~400花を観察している。排除実験は完全排除、鳥類のみ排除、コントロールの3処理。写真の金網だと鳥類排除できているのか微妙な感じがするけど、予備観察ではうまくいっているらしい。もう少しメッシュを細かくするとマルハナバチに影響が出るのだろうか?

15種すべてでハナバチ(マルハナバチとミツバチ)の訪花が見られたが、鳥類は9種でのみ観察された。観察された鳥類は、タイヨウチョウ2種(ルリオタイヨウチョウ、アカオタイヨウチョウ)、コウラウン、シロクロウタイチメドリ、チャバラカンムリチメドリ、メジロなど。鳥類の訪花頻度はハナバチ類よりも低いが、鳥類が訪花した9種はコントロールよりも鳥類排除により結果率・結実率が低下した。鳥類による訪花が見られなかった6種では、1種を除き結果率・結実率は変わらないことから、少なくとも15種中10種において、鳥類が有効な送粉者として機能している。鳥類が潜在的な送粉者である10種とその他の5種の開花時の花サイズを比較すると前者の方が大きく、標高が高いところに分布している。

雲南省での鳥類による花粉媒介に関する先行研究がまとめられており、ちょっと調べるには便利な論文。
コメント(0) 

花蜜特性とCamellia petelotiiの送粉者としてのタイヨウチョウの役割 [原著]

Sun et al. (2017) Nectar properties and the role of sunbirds as pollinators of the golden-flowered tea (Camellia petelotii). American Journal of Botany 104:468 – 476.

冬季に開花するツバキ類を対象とした花蜜分析と野外でCamellia petelotiiの有効な送粉者を検討している。アジアでは、タイヨウチョウのようなスペシャリスト、メジロやヒヨドリなどのジェネラリストの2グループの鳥類が花粉媒介に貢献している。本研究では、Camellia petelotiiを対象としてさまざまな時間帯と起床条件下での訪花者を確認している。次にケージを用いた排除実験から、鳥類と昆虫の効果を検討している。さらにツバキ類8種と22品種を対象として、HPCLで花蜜の成分分析を行い、フルクトース、グルコース、スクロースの割合を調べている。

訪花者はアカハラコノハドリ、キゴシタイヨウチョウ、ミツバチ、ハナアブなどで、30分あたりの花あたり訪問頻度はミツバチが最も高く、次にタイヨウチョウ、ハナアブ、コノハドリの順番。ミツバチの訪花は時間帯や天気によって異なるが、鳥類は時間や天気に関わらずほぼ一定。鳥類の排除実験により、ミツバチだけだとfruit setもseed setも大幅に低下し、鳥類が有効な送粉者として機能している。針金で作った排除実験用のケージはこの研究用に作ったのか、それとも何かを流用したのだろうか?やはりキゴシタイヨウチョウが花に来ている写真とかよいですな。

Camellia petelotiiの花蜜の糖度は平均18.6%で、フルクトース8%、グルコース5%、スクロース87%で、スクロースがほとんど。他のツバキ類の花蜜の糖度は16-51%で、スクロースがほとんど。ツバキの仲間がほとんど同じような花蜜特性で、冬から春にかけて咲いていることからも鳥類が花粉媒介に貢献している可能性は高そう。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。